製作の流れ

PRODUCTION FLOW

橋梁 鋼構造物 鉄骨 製作の流れ
製作の流れ 誠和鋼販,鋼構造物,橋梁,
材料手配 兵庫,原寸 兵庫,加工 兵庫,組立 兵庫,溶接 兵庫,歪矯正 兵庫,仕上げ 兵庫,塗装 兵庫,検査 兵庫,発送 兵庫

1. 原寸作業

原寸作業 誠和鋼販

鉄骨専用CADを使用し、建築鉄骨の工作図(施工図・鉄骨加工図)を作成します。

2. フィルム作成

フィルム作成

製品の孔明加工など加工の際、フィルムを作成し、間違えやずれを未然に防ぎます。

3. 平行切断

平行切断

NCを使用して、予め入力した情報を元に高精度で、鋼板や形鋼を平行に切断します。

4. 切断

切断

施工図を元にガス切断(溶断)にて鋼材の切断を行います。

5. 組立

組立

組立時に寸法誤差が生じ無いよう、BH製作や鋼材の組立加工を行います。

6. 大組立

大組立

長年溶接に携わっている当社ベテランの作業者が組み立てた部材を溶接します。

7. 溶接完了

溶接完了

施工図を元に全ての部材を溶接すると、製品の完成です。

8. UT検査

UT検査

溶接部に欠陥が無いか資格保有者が超音波探傷検査にてしっかりと検査を行います。

9. RT検査

RT検査

放射線透過検査(RT検査)にて製品の内部キズの状態や内部構造を検査します。

10. 仮組立

大組立

製作した部材を組み立ててみることで、設計の品質や各部材が連結する事を検証します。

11. 塗装

塗装

腐食による損傷を防ぐため及び美観のため、塗装します。

12. 膜厚検査

膜厚検査

塗膜の厚さに問題がないか検査をします。

13. 積み込み

積み込み

ストックヤードに仮置きした製品を搬送用トラック・トレーラー等に積み込みします。

14. 出荷

出荷

事前に、製品の重量・長さ・幅等の輸送制限条件の確認の元、出荷します。